B_Otaku のクルマ日記


9月11~20日←  [2021年9月1~10日]  →8月21~31日

---------------------------------------------------------------------

2021/9/7 (Tue)  Mercedes-Benz EQA (2022)

世界的な環境詐欺師達は、クルマの世界にもチョッカイを出して近い将来、内燃機関を EV に置き換えると本気で言い始めた。これに従い、世界の大手自動車メーカーの多くが EV を発売し始めている。なお EV とはバッテリーを使用する BEV (Battery Electric Vehicle) であり、そのバッテリーとは現在ではリチウムイオンバッテリーが主流となっている。

さて、その EV(BEV)は、専用ボディのセダンタイプとしては日産 リーフ、シボレー ボルト、VW ID.3 がCセグメントハッチバックで、Dセグメントクロスオーバーの BMW iX そしてDセグメントセダンのテスラ モデル3というところで、それ以外は中国の新興メーカー製であるが、これはハッキリ言ってゴミ同然で、欧米では全く商売にはならないだろう。

そして今、EV の一番の主流は、現行の SUV をベースに EV 化するというもので、これは床位置の高い SUV は床下にバッテリーを搭載するスペースを取るのが容易という大きな理由がある。そして世界一の技術力を持つメルセデス・ベンツもこの SUV タイプの EV を発表した。それも EQA 、EQC 2モデルが同時に発表された。これをみれば、メルセデスの EV のモデル名は EQ であり、その後にセグメントを表す記号を付けている、と判る。

EQA は ”A” という文字が表すように、Aクラスの EV バージョンとわかる。EQA のボディサイズは全長 4,465 x 全幅 1,835 x 全高 1,625 ㎜ 、ホイールベース 2,730 ㎜ で、これは同社の内燃機関モデルである GLA の全長 4,415 x 全幅 1,835 x 全高 1,620 ㎜ 、ホイールベース 2,730 ㎜ と同等だ。

そこで GLA とエクステリアを比較をしてみると‥‥

フロントはグリルこそ全く異なるが、よく見ればそれ以外は共通のようだ。

そしてリアはといえば、リアコンビネーションランプが一見異なるが、これまたよく見れば左右をつないだだけで、中央のナンバープレート位置と共に、リアゲートのプレスを変更した程度だ。

そしてダッシュボードはというと

これまた如何見ても共通だった。

要するに EQA は GLA をベースに EV としたもので、プラットフォームは勿論ボディさえ EV 専用として設計されたものでは無かった。これは BMW iX3 と同様の手法だ。

モーターは 140kW 375N-m をフロントに置き、これはVW ID.3 の150kW 310N-m 、シボレー ボルトの150kW 360N-m と概ね同等だ。

バッテリーは66.5kW で、メルセデス・ベンツAGの完全子会社の「Deutsche Accumotive」(ドイツ・アキュモーティブ)が生産する。おおっ、流石はメルセデス。燃える韓国製バッテリーなんて使っていないところが立派!

メルセデス・ベンツは7月、「10年後にはすべての車を電気自動車(EV)にする準備ができている」と発表したようだが「準備が出来ている」という表現は中々微妙だ。まあ、EV 専用プラットフォームを発売しないところをみれば、これは様子見であり、どっちに転んでも良いように付き合っている、というところか。

なお EQ にはもう一つ EQS というSクラスセダンの EV 版も発表されたようだ。Sクラスは世界の VIP が使用するから、環境に配慮しているというボーズで庶民を騙すには最適かもしれない。

なお、Mercedes-Benz EQA (2022)の詳細については下記にて。
  ⇒
https://www.netcarshow.com/mercedes-benz/2022-eqa/

 




---------------------------------------------------------------------

2021/9/1 (Wed)  Volkswagen ID.3 1st Edition (2020)

GM のシボレーボルト EV が搭載しいる韓国 LG製バッテリーの欠陥により、3回に渡るリコールの末に遂に全数リコールでバッテリー交換と相成ったが、今度は同じくLG製バッテリーを搭載するフォルクスワーゲンのEV 、ID.3も火災事故を起こした。
 ⇒
韓国製バッテリー 今度はフォルクスワーゲンEVでも火災

そこで今回は第2のボルトとなる可能性大の Volkswagen ID.3 について、その内容を見てみよう。

ID.3 のボディサイズは全長 4,262 x 全幅 1,801 x 全高 1,552 ㎜ 、ホイールベース 2,765 ㎜ で、これはライバルとなるシボレーボルトの全長 4,145 x 全幅 1,765 x 全高 1,611 ㎜ 、ホイールベース 2,601 ㎜ よりも少し大きい。

また VW の従来モデルではゴルフ(全長 4,265 x 全幅 1,800 x 全高 1,480 ㎜ 、ホイールベース 2,635 ㎜)とほぼ同サイズであり、決して小さなクルマでは無い。

スタイルはゴルフとイメージが重なるような小型4ドアハッチバックで、如何にも VW らしい。しかし、数値上は同サイズの筈のゴルフと比べると幅が狭く見える。一つは全高が高い事が挙げられるが‥‥それにしても、やっぱり全幅が狭い。

そこで角度を変えて見ると、 ID.3 はブリスターフェンダーが大きく張り出している事が判る。すなわち、全幅こそ同等だが、実際のボディはゴルフよりも狭いのだった。

そしてダッシュボードはというと

如何にも EV というものではなく、ゴルフと比べても雰囲気が近いものだ。勿論、コンソール上には AT セレクター等は無いが、それ以外は共通点も多く、ステアリングホイールに至っては同一?と思うくらいだ。

バッテリーはボルト EV 同様に床下に並んでいて見た目もそっくりだが、これはボルトと同じ韓国 LG 製バッテリーの為と思われるが、その甲斐もあって最近は見事に火災事故が発生している。

バッテリー以外では電力機器がリアに配置されているが、これでリアラゲッジスペースは大丈夫なのだろうか?

という事で、実際に写真で見ると‥‥う~ん、やっぱり床位置は高いが、まあ上手く処理してはいる。しかし、よくよく見れば幅が狭いから、実際に荷物を入れてみると結構使えないスペースという事はあり得る。

駆動モーターは 150kW 310N-m と発表されているから、これはシボレーボルトの 150kW 360N-m とほぼ等しい。

前述のようにライバルのシボレーボルトは韓国製バッテリーの発火問題で現在生産は休止中。それならチャンスかといえば、 ID.3 も最近発火事故が発生し、まあ同じ結果になるだろう。

結局 GM も VW も、早いところパナソニック製にでも切り替えた方が得策だとは思うが‥‥。いや、生産が出来ない間に、日産はリーフを売りまくる、というものあるなぁ。

なお、Volkswagen ID.3 1st Edition (2020)の詳細については下記にて。
  ⇒https://www.netcarshow.com/volkswagen/2020-id.3_1st_edition/

 


9月11~20日←  [2021年9月1~10日]  →8月21~31日