B_Otaku のクルマ日記


12月1~10日←  [2022年11月21~30日]  →11月11~20日

  【姉妹ブログ情報】
  ⇒ 韓国情報部 文政権に近い幹部を総入れ替え
  ⇒ 韓国経済 生産は過去最大の減少 在庫は急増
  ⇒ 中国恒大集団 EV生産中止 えっ、恒大って未だあったの
  ⇒ 国防空識別圏に中ロの軍用機8機が侵入

--------------------------------------------------------------------

2022/11/29 (Tue)  Tesla Cybertruck (2022)

あのトヨタまでが現在の EV 計画をプラットフォームから完全に再開発するとまで決断させたのは、テスラが車体一体鋳造成型のギガプレスでの生産を計画していることが原因だった。

そしてそのギガプレスとして完全に一体成型とするまでには未だ至ってはいないが、最初に採用されるのはサイバートラック(Cybertruck)であると言われている。ハテ、そのサイバートラックとはどんなものなのだろうか?

同車については最近僅かなオフィシャルフォットが発表されている。

しかし、そのインテリア写真を見ると、どう考えてもこのまま生産するとは思えない、いわゆるコンセプトカーの部類のように感じる。

エクステリアは一見するとラゲージエリアの長いクーペにも見えるが、実はルーフというかトノカバーといか、これを開けるとピックアップトラックとなるのだった。

室内は当然ながら近未来的であり、果たしてこのまま市販するのかというところだが、この写真があるという事は単なるモックアップの文鎮モデルではなく、ある程度の試作段階に達しているのかもしれない。

ピックアップトラックといえば、米国では小型車のベストセラーであり、ランキング上位は全てフルサイズピックアップトラックが独占しているような状態だから、 その分野を狙うというのは戦略的には正しいだろ。そしてこの近未来的なトラックは一部のモノ好きには間違いなく好評だろうから、恐らく発売直後はバックオーダーを抱える事になると思うが、さてそれではフォードのFシリーズなどのベストセラー車の牙城を崩すことができるのだろうか?

いやその前に、メガプレスでの一体成型なんてうまくいくのだろうか? 下のリンク先の説明では、材質は超硬冷間圧延ステンレス鋼で、さらに良いものがあればそれを使用、となっている。

なお Tesla Cybertruck (2022) の詳細については‥‥
  ⇒ 
https://www.netcarshow.com/tesla/2022-cybertruck/

 




12月1~10日←  [2022年11月21~30日]  →11月11~20日